2017年6月17日土曜日

ROBBEN FORD “THE INSIDE STORY”



ROBBEN FORD “THE INSIDE STORY”

邦題は「ギターに愛を」。なんじゃそりゃ?と一瞬おもうけど、ジャケットのとおり男前でかつギターがうまいとなると納得できるかなと。意味不明だけどそれがまたよい。

ロベンのギターはすごく歌っている。マジたまらんです。全然派手じゃないのに、いいんだよねえ。ギターだけでなく本人自身もボーカルとして歌っているんだけどさ、リチャード・ティーで有名な”NEED SOMEBODY”なんだけどこれがねえ、なんというかイマイチ。わるくないボーカルなんだろうけど、本家のバージョンを知ってるとどうもねえ。そのかわりソロの部分は本家を超えているね。


ロックからでも入りやすいフュージョンのアルバムだと思う。



↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿