2017年6月14日水曜日

Good to Go-Go

Good to Go-Go


いつの間にか、スパイロといえばブルージーなファンクナンバーが冒頭に来るようになってしまったなあ。というのが最初の感想。GRPのころは美しめの自信作をアルバムの冒頭に配置していたけど、スムースジャズ路線以降は毎度似たような曲が最初を飾るようになった。

このアルバム、ジャケットやサウンドから、若い人をターゲットにしたのかなと思う。とにかく、一時期のスパイロの特色であるキャッチーなメロディはもうない。そう、古くから聴いてきた人はそういう先入観を持っているから低評価してしまうのだ。そもそもこういう音楽をやるバンドなんだ、と思えばいい。グラミーにもノミネートされたんだから・・・

と割り切って聴くことができないんだよねえ。あまりにも心に届かず、リアルタイムで買って何度も聴いていたのに、先日初めてヴァイオリンがゲストにいることに気づいたw まったく集中できないサウンドだ。ボニーBのスキャットとか新しい路線は嫌いじゃないと思ったんだけど・・・





↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿