2017年10月9日月曜日

Rhinebeck Sessions

Rhinebeck Sessions

現時点ではスパイロの最新アルバム。2013年作品。

最初聴いたときの印象は、史上かつてないほどつまらない、というものだった。変に凝っているところがあるのに魂がない楽曲とか、円熟味と言うより色褪せたプレイ、アルバムも自主制作っぽいし・・・何度か聴いても同じ感想。もう終わったなと思った。


ところが、今回久しぶりに聴いてみると、確かにキャッチーな要素は枯れているが、思ったより悪くない。いつの間にか似合わないスムース路線からはずれかかっている、そうスムースジャズでなくフュージョンに戻っているという印象だ。


ただし、やはり往年のスパイロを知っているファンからすれば、まだまだ合格点とはいいがたい(ははは、偉そうにw)。アマゾンのレビューでみなさんが満点を付けているを見たときはたまげました。





↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿